中折れ フニャチン 対策 精力剤

中折れは自分でも治すことができる

セックス中にペニスが萎えてしまう、いわゆる「中折れ」に悩む男性に多いです。

 

主に

 

  • 30代を過ぎた男性
  • 長く彼女と付き合う男性

 

に多い症状ですが、最近では20代でも中折れに悩む人もいます。

 

中折れというと一般的には「精神的な症状」と認識されています。彼女とマンネリしてしまってイマイチ気分が乗らないとか、やる気が低下してペニスが反応しないとか。

 

精神的な部分も間違いではないのですが、中折れやフニャチンの原因は肉体的(身体的)な問題も多いのが現実です。そして肉体的な問題である「中折れ」は自分でも治すことができます。

 

そこで今回は、自分でできる中折れ対策(中折れ克服法)をご紹介します。

 

中折れの原因

中折れ対策をする前に、中折れやフニャチンの原因を知りましょう。

 

男性ホルモンの分泌が鈍くなる

中折れやフニャチンの一番の原因は男性ホルモンの分泌不足です。

 

年を重ねるとともに男性ホルモンの分泌が鈍くなります。また人によっては若い頃から男性ホルモンの分泌が少ない人もいます。男性ホルモンの分泌が少ないと、ペニスの反応が悪く、ペニスに流れる血液も足りません。そのため海綿体細胞の膨張も弱くなります。結果、セックス中に勃起が続かない、弱く柔らかいフニャチンになってしまうわけです。

 

これは精神的な問題よりも、肉体的な問題によって起こる症状です。

 

セックスの相性が悪い

女性とのセックスの相性があまりよくない場合も中折れします。

 

付き合いだしの頃は、新鮮さのドキドキでアドレナリンが分泌され男性ホルモンも活発に分泌されるけど、慣れてくるとセックスの相性が顕著になります。要はセックスしていても気持ちよくないので、男性ホルモンの分泌が続かず、気分も盛り上がらないで中折れしてしまうわけです。

 

セックス中にイクことに集中しないと気持ちよさが続かないで、セックスを楽しむというよりもイクために頑張るといった状態になってることはありませんか?

 

セックスのマンネリ

これは精神的な原因ですね。

 

長く同じ女性と付き合っていると、セックスもマンネリになります。新鮮味がないため興奮が高まらず男性ホルモンの分泌が鈍くなります。

 

ペニスを硬く力強く勃起させて、最後まで持続させるためには男性ホルモンの分泌が欠かせません。男性は新しい刺激やシチュエーションにこそ興奮するので、気分が乗らずにセックス途中で中折れしてしまうわけですね。

 

中折やフニャチンとなるトリガー(引き金)はいろいろありますが、全ては男性ホルモンの分泌不足によって中折やフニャチンは起こります。

中折れ・フニャチン対策

 

僕自身、長い間中折れに悩んでいました。

 

長く付き合う彼女がいたのですが、どうしても勃起が続かない悩みがありました。最初はしっかり勃起するのに、セックスしている間にフニャチンになってしまう。一度萎えてしまうと全然勃起しないので、最後までイクのに必死です。セックスを気持ちよく楽しむどころではありません。

 

やる前はムラムラもするしセックスしたいと思って誘うのに、こちらがすぐに萎えてしまうと彼女にも申し訳ないというか・・・

 

でも今は中折れも克服して、最後まで気持ちいいセックスを存分に楽しむことができています。

 

僕がいまでも取り入れている対策をご紹介します。

 

セックスにローションを使う

セックスにローションを使う方法です。

 

ローション

 

物理的にセックスを気持ちよくさせて性的興奮を引き出します。

 

これは個人的にかなり効果がありました。

 

もともとセックスの相性がそれほどよくないというか、僕も頑張らないとイケなかったし、彼女もセックス中にイクことがありませんでした。

 

ローションを使うとセックス中の気持ちよさが劇的にアップします。ヌルヌルとした感触が動かすたびに気持ちよさを増してくれるので、集中しなくてもセックスを楽しむことができるようになりました。

 

精力剤を使う

もうひとつの方法が「精力剤」を使う方法です。

 

精力剤

 

ペニスが中折れしたりフニャチンになってしまう理由は、男性ホルモンの分泌不足です。逆に言えば、男性ホルモンを活発に分泌させることができれば中折れもフニャチンも治すことができます。

 

その方法が精力剤です。

 

精力剤には、男性ホルモンの分泌を促すためには必要な「アルギニン」といった滋養強壮成分や、「マカ・クラチャイダム」といった精力増大成分が配合されています。

 

■アルギニンの効果
アルギニンはアミノ酸成分のひとつで、体を構成するために必要な成分です。滋養強壮が抜群で、グリーンモンスターなどのエナジードリンクにも配合されている成分です。

 

アルギニンは滋養強壮効果と同時に、精力を増大させる効果があるともされています。体が元気に活発になるから当然かもしれませんね。

 

■マカ・クラチャイダム
マカやクラチャイダムは、精力増大効果が抜群の植物のことです。タイといった東南アジアが原産で、原産地でも滋養強壮・精力効果を期待して食べられている食材です。

 

精力増大効果が強くて、体をホットにしてムラムラと元気にさせる速効性が魅力です。精力剤には必ず配合されている成分です。

 

精力剤はサプリメントです。バイアグラのような「薬」ではないので、飲んですぐにペニスがギンギンになるといった速効性はありません。バイアグラは本人の意志に関係なく強制的に勃起の反応を促すものです。

 

精力剤はあくまでも男性ホルモンの分泌を促すもの。そのため、体がなんとなく熱い感じになりムラムラとした性欲が湧いてきます。そうなると体のスイッチがONになっているような状態になり、女性の裸を見たり触れたりすると、そこからの勃起力や硬さがハンパないです。そしてそのカチカチの勃起がイク最後まで続きます。

 

中折れ対策のまとめ

ここまで中折れ対策をまとめました。

 

僕のやっている方法は

 

  • ローションでセックスの感度を上げる
  • 精力剤でペニスの勃起力・持続力を手に入れる

 

といった方法です。

 

この2つの方法で、セックスが今までに味わったことのないような快感で、毎回満足してイクことができます。僕のペニスがいつまでもギンギンで硬く勃起するから、彼女も気持ちいいらしく、僕とのセックスでもイケるようになりました。男として本当に嬉しいことです。

 

中折れやフニャチンで悩んでいる人は、ぜひローションを使ったり精力剤を使うことをおすすめします。彼女がローションを嫌がったり中折れ対策したことがバレたくなければ、精力剤だけでも構いません。それだけでも効果は抜群です。

 

ただ、もしローションや精力剤を使ってもダメな時(中折れしたり勃起しない時)は、一度クリニックに相談することも考えてみてください。

 

いきなりED(勃起不全)治療をするのではなく、一度カウンセリングを受けて診察してもらえば、中折れしてしまう原因が正確にわかるはずです。精力剤が効かないということは、何らかの疾患(病気)があるのかもしれません。

 

僕も一度カウンセリングを受けたことがありますが、気軽に相談できるので、心配だったり絶対に中折れを治したいのであれば、一度相談することをおすすめしますよ。

 

クリニックについては、以下のようなサイトが詳しくて参考になります。

 

参考:包茎手術計画

 

中折れやフニャチンなどは健康に関わる悩みではありません。ですが、セックスの悩みは精神的にはツラいものです。ぜひ早めに対策して克服しましょう。中折れは自分で治すことができる症状ですよ!